MLM・ネットワークビジネスでの稼ぎ方!これでサラリーマンをやめるには>条件付けを外すことの重要性

条件付けを外すことの重要性
“私はできない”“自分になんてムリだよ”と、自分の可能性に自分で勝手に
条件をつけていませんか?
もしあなたがそう思っているなら、その考え方は改めたほうがいいでしょう。
この仕事は決して無理なものでもできないものでもありません。
何よりも、あなたが無理だとか難しいとか思いすぎると、あなたの
潜在能力が発揮できないでしょう。
人間の能力は3%しか使われていない、と言われています。
残りの97%の眠っている能力(スリーピング・ジャイアント)を開放する為の
キーワードこそが、“自分はできる”なのです。

サーカスでゾウを調教するとき、小さいときからこの条件付けをするそうです。
好奇心旺盛な子ゾウの後ろ足に鎖をつなげ、鎖が届く半径内しか動けないように
して、それ以上に動こうとすると鎖が足に食い込み激痛が走るようにするそうです。
引っ張る=痛い、と思わせるわけです。
このようにずっと育てると、だんだんとこの子ゾウは学習していきます。
つまり、引っ張らないで足に痛みを感じない程度の半径内で動くようになるのです。
そしてこの子ゾウが大きくなると、もう鎖は必要なくなるのです。
細いロープでも、もうこのゾウの頭の中には“引っ張ったら痛い”という
学習がされているので、もう引っ張らないのです。
これはとてももったいない話だと思いませんか?
大人のゾウの能力をもってしてすれば、ロープだろうが鎖だろうが簡単に
引きちぎることができるはずなんです。
しかし、どんなに能力があっても“自分はできない”と思い込んでいると
その鎖は一生あなたから離れることはないでしょう。

それでは、どうすればいいのでしょう。
一番いいのは“自分はできる”と逆に自分の潜在意識に刷り込んでしまうことです。
ここでポイントは、本当は“自分はできない”と思い込んでいたとしても
口では“自分はできる”ということです。
あなたの口癖が、あなたの人格を決めるのです。

inserted by FC2 system